このブログを検索

読込中...

2012年4月7日土曜日

甲子園開幕戦勝利!能見、巨人相手に完封勝利!

阪神対巨人
第1回戦
3-0

今年はじめての甲子園球場での一戦。
そして伝統の一戦。
それを最高の形で飾ることができた。

先発は、能見対沢村。
能見は、開幕投手を務めたが勝ちがつかなかった。
前回、少し不安の残るものがあったのだが、今日は全く危なげなかった。
立ち上がりは少し危なっかしかったが、尻上がりに調子をあげ、終わってみれば10奪三振完封。
リリーフ陣を休ませることが出来た。
そして、攻撃もなかなか見ものがあった。
和田野球がどういうものなのか分かってきた気がする。
繋ぎに徹すると言っていた真弓政権時代は、全くそんな気がしなかった。
しかし、なにがなんでも1点取りに行くんだって姿勢が和田監督には見える。
去年までバントが本当に決まらなかった。
秋からそこを入念に鍛錬して、みんなうまくなったんだね。
そして、スクイズなんてプロの試合ではめったにみない小技をもう2回も出している。
代走や、代打も申し分ない。
何より、勝負勘がある。
OP戦を見る限り絶望的だったのだが、ペナントは何があるかわからんね。

まあ、正直去年までがダメ過ぎただけなんだけどね。
というか、ベンチのムードが良い!
去年は、負けていても勝っていてもお通夜ムードだった。
しかし、今は1ヒット出るたび、1三振取るたびガッツポーズしてるのがよく見受けられる。
みんな体で喜んでいるのがなんとも嬉しい。
去年は、そんなの見なかったからな。
昨日、書けなかったんだけど、安藤の2年ぶりの勝利も嬉しい。
ヒーローインタビューは、もらい泣きしそうになってしまったよ。
確かに、散々言われてたからな。
でも、何かつかんだんじゃないかな?
もう、昔みたいに球威で押していく投球はできないんだから、打たせて取るようなピッチングに切り替えていこうと思ってるんだと思う。
前まではそこに変なプライドがあって、いつも同じ鐵を踏んでいた。
でも、今年は期待出来るんじゃないかな。
それくらい昨日の安藤はいいピッチングをしていた。
今日の能見のインタビューでも言っていたように、チームにいい雰囲気をもたらしたと思う。

若手もチャンスを与えてくれるし、ちゃんと勝負に出てくれるし、自らマウンドに行って選手を鼓舞してくれるし。
去年まで見かけなかった阪神タイガースがある。
和田監督も、打撃コーチとして思っていたものがあるのだろう。
このままの調子で行って欲しい。